1. ホーム
  2.  >  コンサルタントの業務

コンサルタントの業務

建物調査・診断業務

■建物の現状を見極める

適切な大規模修繕工事の改修設計及び仕様策定の基礎資料にするために、どこの部位の劣化が進み、どの程度の修繕が必要か、さまざまな調査を行って劣化状況を把握します。

改修設計業務

■最適な改修仕様を見極める

調査診断の結果に基づき、どのような工事が望ましいのか、どの程度の費用が適正か、管理組合の意向と実行予算の調整を図りながら最適な「改修仕様の計画」と「工事予算書」を作成します。

大規模修繕説明会

■住民の合意点を見極める

なぜ、その工法を採用するのか、なぜその費用になるのか、修繕計画の内容や費用はもちろんのこと工事中の日常生活への支障は何なのか、まで、わかりやすく説明し住民の合意を見出します

施工会社選定

■優良な施工会社を見極める

管理組合が優良な施工会社を選定できるように、技術力、社内体制、経営状況、改修実績などを詳細に比較検討した資料を提供します。

着工・工事監理業務

■適正な工事か否か見極める

工事内容が不十分ではないか、施工方法が不適切ではないか、処分品や型遅れの製品を使用していないか、作業員の技量や工事の出来栄えは適切か、など品質の良い大規模修繕工事が行われているかどうか、管理組合に代わり工事チェックを行います。

メンテナンス業務

■保証期間を見届ける

竣工後も施工会社と伴に定期点検を実施します。 竣工図書のアフターメンテナンス計画書に基づき各戸アンケート調査や管理組合立会いの共用部点検などを行い指摘箇所の是正確認を行います。保証期間に適正なメンテンナンスが行われるようにサポートします。

コンサルタントを完全無料でご紹介0120-544-088 メールでのお問合わせ